楽天証券 → 大和証券への移管

楽天証券 → 大和証券への移管

楽天証券 → 大和証券への移管 の手順です。

5月1日約定分のツルハHDの受渡日が5月8日でした。

5月7日の17:15以降でしたら、移管申し込みができますので、

5月7日の夜に、やってみました。

 

 

 


楽天証券 → 大和証券への移管

楽天証券にログイン後、

右上の「設定・変更」のメニューから「移管・買取請求」をクリック。

日本株式の「楽天証券から他社へ」の欄の「申込」をクリック。

 

楽天証券 ’ 大和証券への移管

 

移管先証券会社を入力。

大和証券の場合

「証券会社名」:大和証券を選択

「部支店名」:(取引支店名を入力)

「部支店コード」:(支店コードを入力)

支店コードが分からないときは、

http://www.daiwa.jp/service/channel/brc/product_list.html

こちらからご確認ください。

「部支店の所在地」 都道府県:(支店のある都道府県名を選択)

市区町村:(支店のある市区町村名を入力)

「口座番号」: あなたの大和証券の取引口座番号

「移管先機構加入者コード」: 1200060 → 途中まで入っていますので、「60」を入力

「移管先加入者口座コード」:1200060xxxxxxxxxxxxxx

大和証券にログインし、「口座情報」→「登録状況」のページで確認できます。

続いて、銘柄の選択

楽天証券 ’ 大和証券への移管

 

 

移管したい銘柄にチェックを入れてください。

移管可能数量が0株の場合、まだ受渡が終わってないか、

代用証券になっていて、信用保証金が不足しているのかもしれません。

「手続中照会・取消」で、手続中の銘柄を確認できます。

楽天証券 ’ 大和証券への移管

 

5月11日の朝に移管が完了していました。

約定日から数えて6営業日後に移管されました。

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. たそがれ父さん より:

    しゅうさん 今晩は!
    移管手順の報告ありがとうございます。 とりあえずマイ保存箱に入れておきました。 ところで新ラクマが来月から手数料3.5%への改悪です。 メインだったので凄く痛いです。 ヤフオク主体の方は関係ないそうですが ここも CB改悪などあり ほくそえんでいるのは金券買い取りショップくらいでしょうか。 厳しいですね。 それでは。

  2. しゅう より:

    たそがれ父さんさん、こんばんは^^。

    コメントありがとうございます^^。

    ラクマの手数料3.5%は知りませんでした。
    ありがとうございます。
    まだヤフオクやメルカリに比べれば・・・と思いますが、
    いずれ同水準になるんでしょうね。。。
    ただ、ラクマも収益が無いと続けられないでしょうから、
    仕方がないですね。
    少しでも、値上げのダメージを減らそうと、
    ヤフオクのポイント付与改悪に合わせてきた感じがしますね。

  3. プエル より:

    しゅうさん、お久しぶりです。
    いつもお世話になっております。
    質問なんですが、今月の貸株料日数の数え方がよく解りません。

    楽天争奪戦での取得コスト(2018年5月末日権利)
    約定日:5月17日(木)貸株料11日分 ➡ 13日分
    約定日:5月18日(金)貸株料10日分 ➡ 12日分
    約定日:5月21日(月)貸株料9日分 ➡ 9日分
    約定日:5月22日(火)貸株料8日分 ➡ 8日分
    約定日:5月23日(水)貸株料5日分 ➡ 7日分
    約定日:5月24日(木)貸株料4日分 ➡ 6日分
    約定日:5月25日(金)貸株料3日分 ➡ 5日分
    約定日:5月28日(月)貸株料2日分 ➡ 2日分

    だと思うのですが・・・?

    よろしくお願いします。

  4. しゅう より:

    プエルさん、こんにちは^^。

    貸株料の日数は、受渡日ベースで両端入れで計算いたします。

    約定日:5月17日(木)の場合、

    受渡日が5月22日(火)で、
    権利日(5月31日)の翌営業日は、6月1日(金)ですので、
    22、23、24、25、26、27、28、29、30、31、1と数えて、
    11日分となります。

    なお、2018年5月16日現在、受渡日は、約定日の3営業日後と
    なっています。
    来年のGW前後あたりで、2営業日後に変更になる予定です。

    どうぞよろしくお願いいたします^^。

  5. プエル より:

    しゅうさん、ありがとうございました!!!

  6. しゅう より:

    プエルさん、こんにちは^^。

    どういたしまして^^。

  7. tomo より:

    こんばんは。

    すごく基本的なことを教えてほしいのですが、信用取引を行うときに、
    必要保証金というものがあると思うのですが、楽天証券のトップに表示される
    買い付け可能額というのは必要保証金も含めた額でしょうか?

    今日クロスしたのですが、証券口座の額が自分が思っていた額より買い付け可能額が30万くらい少ないきがして、ちょっと焦っています。

    ツルハホールディングスを現渡したのが11日なので、その分の金額はもう戻ってきているとかんがえてよいですよね?

    普通に考えて、ツルハしかクロスしなかった場合、買い付け可能額は手数料分くらいしか
    少なくならないはずだと思っていたのですが。。

    教えていただけたら嬉しいです。

  8. しゅう より:

    tomoさん、こんばんは^^。

    楽天証券の計算は、いまいち把握できてないところが
    多く、すいません、正確には答えられません。

    もしかしたら、保証金のまま残っていて、
    その分が買付可能額に反映されてないのかもしれません。

    ログインして、「入出金・振替」→「信用保証金振替」
    のページで、
    保証金から預り金へ を選択して、
    振替可能額(多分30万円ちょっとではないかと)を
    全部振り替えれば、買付可能額は回復するのではないかと
    思いますが、違っていましたら、すいません。

    もしかすると、売建予想配当金として一部拘束されているかもしれません。

    保証金振替で解決しないようでしたら、サポートに確認された方が
    良いかもしれません。

    回答できなくて、すいません。
    どうぞよろしくお願いいたします。

  9. tomo より:

    おはようございます!
    回答ありがとうございます。
    確かに保証金の額と思っている額が似ている気がします!

    あと、予想配当金の額が、20万以上なので、その額がプラスされれば思っている金額と同じかなーとも思います。

    多分、クロスの手順の間違いや、不正送金などではないと思うのでこれからはまめにチェックしてどこに資金が回されているのか見てみたいと思います。

    回答していただき本当にありがとうございましたm(_ _)m

  10. しゅう より:

    tomoさん、こんばんは^^。

    多分、どこからか出てくると思いますが、
    計算が合わないままだと嫌ですね。
    はやく、確認がとれるといいですね^^。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください