そして、みんな無料(0米ドル)からへ

そして、みんな無料(0米ドル)からへ証券会社
スポンサーリンク

米国株の最低取引手数料引き下げ合戦は、
とりあえず、横並びで終了しそうです。
為替取引手数料も無料で並ばないかな?

そして、みんな無料(0米ドル)からへ

昨日(7月9日)、SBI証券が
米国株の最低取引手数料を無料(0米ドル)
へ引き下げることを発表しました。

SBI証券も引き下げを発表

SBI証券も引き下げを発表

 

一夜明けて、本日(7月10日)、
マネックス証券、楽天証券、
ともに、無料(0米ドル)へ引き下げを発表。
横並びになりましたね。

そして、みんな無料(0米ドル)からへ

そして、みんな無料(0米ドル)からへ

そして、みんな無料(0米ドル)からへ

そして、みんな無料(0米ドル)からへ

ただ、一見横並びに見えますが、よく読むと、
無料(0米ドル)となるのは、
SBI証券:手数料が1セント未満になる場合 →計算すると、2.22米ドル以下
楽天証券:約定代金が2.22米ドル以下
マネックス証券:約定代金が1.11米ドル以下

と微妙に違いますね。

きっと赤字だろうとなと思いますが、
これで、コツコツ投資ができますね。
しっかりと活用したいと思います。

そして、為替手数料も引き下げて^^。

コメント