早期退職へむけての金融資産目標

【株主優待】取得予定 投資方針
スポンサーリンク

こんばんは^^、しゅうです。

ブロ友の小坊主さんが、

「最近は株価が調子良かったのでこれなら会社早期退職できるかも」

 

って書かれているのをみて、私も早期リタイアに

必要な金融資産目標について考えてみました。

 

 


早期退職へむけての金融資産目標

小坊主さんは、いくらって書かれてませんね^^;。

きびなごさんは、

早期リタイアまでの道のり。金額目標・年数を決めたよ!

 

50歳で1億円だそうです。

配当利回り3%の高配当株で運用すれば、年間300万円の配当金

ただし、きびなごさんの運用分だけですので、

奥様の分の分を加えると倍増なのかな?

私は、逆算で、

生活費を月20万円として、年間240万円。

税金が約20%ですので、税引き前で300万円。

配当+優待利回りを3%として、約1億円分。

6%でしたら、5,000万円分

としていました。

今年から、インデックス積み立て投資に路線変更しましたので、

配当+優待(優待はなしですね^^;)で1~2%程度。

米国連続増配株に投資した方がいいのかな^^;。

今の生活環境なら、年収300万ぐらいでいいかなって思っていましたが、

B氏が、

「彼らがやっていることは自腹で生活保護レベルの生活を

体験していることとあまり変わりません。」

とブログに書かれていて、そういえば、そうだねと思いなおしました。

今、橘 玲氏の著書「専業主婦は2億円損をする」を読んでいるところなんですが、

1人生活で年収800万円、夫婦で年収1,500万円ぐらいで幸福感は飽和に達するようです。

であれば、ここを目標にしたいですね。

配当金3%として、

1人生活で2.7億円、夫婦で5億円・・・・^^;。

一気に目標が遠くへ行きましたね。。。。

株式の期待リターンが5%~7%ぐらい。

その5%として、

1人生活で1.6億円、夫婦で3億円。

まだまだ、高いけど、このあたりが目標かな。

でも、この数字は、株式100%運用のアグレッシブな場合なので、

実際には、もっと資産が必要ですし、

その一方、取り崩していくと考えれば、もっと少なくても大丈夫かな。

金銭面で幸福な早期リタイアはハードルが高そうです。

投資方針
スポンサーリンク
しゅうをフォローする
スポンサーリンク
しゅうの高配当株・株主優待株で経済的自由を目指すブログ

コメント

  1. 常連A(バレバレのような///) より:

    こんばんは。

    都合により(ほぼ)早期リタイアから結構経ちますが、金銭以外の余計な苦労も多いですよ。

    まずは世間や両親への体裁。周りからは、ただの無職としか思われませんから。

    次に子供への体裁。「お父さんはパソコンで遊んでいる」と思っていそうです。

    人付き合い。無職のお友達はいませんか?いるとすれば、その方との接し方はどうですか?早期リタイアでは、立場が逆になります。(資産家、投資家、ブロガー、フリーター、企業分析、両替、他、職業として名乗ることもできますが)

    ローン。要は信用がありません。車も家も、基本的買うときはキャッシュです。

    健康面。恥ずかしいことですが、眠たくなったら寝て、目が覚めたら起きる生活です。何の制約もない究極の自由ですが、丸二日起きていて20時間寝たり無茶苦茶です。プラス運動不足、長生きはできないでしょう。

  2. しゅう より:

    常連Aさん、こんばんは^^。

    なるほどですね^^。

    ご近所さんには、話しにくいので、昼間はカーテンを閉めているとか
    聞いたことがあります。

    日本の場合、人的資本と社会資本は相互依存している方が多いので、
    早期退職されると、その両方が失われますね。

    そして、一旦、離職して、楽を覚えると、通勤電車とか無理ですね^^;。

    今の職業を離職してまでやりたい事はないので、、、、

    というか、計算したら、通常の定年ぐらいの年齢まで

    金融資産はたまりそうにないです(苦笑)。

    それにしても、専業の方って意外と多いですね^^。

    貴重な実体験、ありがとうございます^^。

  3. より:

    男女平等が叫ばれて久しいですが、早期リタイアに関しては女性だと専業主婦にみえていいですね!
    私も妄想という意味で早期リタイアを考えたことがあるのですが(笑)
    資産1億かなぁ〜〜と。
    夫には変わらず働いてもらうとして^_^私の給与が配当で入ってきたら理想です。
    まぁ、妄想なんですが、、、
    早期リタイアしてから株価が急落したら?どうなの!?とか考えてたんですが、それでも配当収入に変化はないから、収入としては変わらないんですね〜〜!すてき!
    まぁ、妄想なんですが(しつこい
    まず、元本がないというね!お金持ち羨ましいです。

    ロレアルの創業者の娘は配当650億ですってよ、、、クラクラしちゃう。
    確かに、働かなかったら私は朝起きれない人なので、働いてた方が健康的かもしれないです。

  4. 小坊主 より:

    おはようございます(^^)

    ブログをサボっているのに、アクセス多いなぁと思ったらしゅうさんのブログからの訪問者さまですね(^_^;)

    勤めている会社では、60才を過ぎてからも嘱託で継続する方も多いです。65才まで年金が出なくなるのでそこまでは働かないとと言う方も多いです。

    少なくとも定年で辞められるようにはしたいですね(^_^;)

  5. tomo より:

    こんにちは!
    私は超初心者なので、素朴な疑問なんですが配当金で生活を、と思っても、不景気になって無配当の会社続出となった場合はどのように暮せば良いでしょうか?

    貯金の取り崩しとかになると、それこそ貯金がすごく多くないとだめなのかなぁ。。

    それとも、そもそも、高配当の会社をたくさん持ってれば、どんなに不景気でも大丈夫な可能性大なのでしょうか?

    配当金で暮らすなんて夢の夢なのですが、知りたいです〜。

  6. しゅう より:

    桃さん、こんばんは^^。

    配当で650億円もあれば、好きなことができますね^^。

    橘 玲氏の著書「専業主婦は2億円損をする」によれば、

    専業主婦は世界的には、一般的ではなく、

    OECDのニートの調査では、ニートになってしまうみたいです。

    (注:私の意見ではないですよ^^。)

    私の目標は、経済的自由を手に入れることで、

    アーリーリタイアは、まだ考えていません。

    特別に、情熱をもってしたいことがないし・・・(笑)。

    たしかに「働いてた方が健康的」ですね。

    また、2億円のチケットを捨てなくてもよいかなって思います^^。

  7. しゅう より:

    小坊主さん、こんばんは^^。

    ネタをお借りしました^^。

    ありがとうございます^^。(→って許可取ってないけど^^;。)

    小坊主さんの定年が60歳のままかどうか分かりませんけど、

    (定年、延長になるつつありますし・・・)

    せめて定年後にはお金に困らない人生にしたいですね^^。

    私も60歳ぐらいを目標にしたいと思います^^。

  8. しゅう より:

    tomoさん、こんばんは^^。

    私も配当金で暮らすって夢のまた夢です^^。

    こんな質問が出るところをみると、

    超初心者ではないですね^^。

    まるっとお見通しだ、、、だー、だー。

    (ってネタが古い?)

    回答を考えていましたら、長くなりそうなので、

    本日(明日になるかも?)のブログ記事にて、回答いたします。

    よろしくお願いいたします。