10万円クオカ銘柄へ

ブロードリーフ(3673)が優待制度の変更を発表しています。

最大10万円分、クオカードがもらえるようになりました。

 

 

10万円クオカ銘柄へ

ブロードリーフ(3673)の優待内容

(変更前)

100株~499株
3,000円クオカ+2,000円株主優待券

500株~999株
6,000円クオカ+3,000円株主優待券

1,000株~4,999株
10,000円クオカ+10,000円株主優待券

5,000株~
30,000円クオカ+20,000円株主優待券

(変更後)

500株~999株
5,000円クオカ

1,000株~1,999株
10,000円クオカ

2,000株~9,999株
20,000円クオカ

10,000株~
100,000円クオカ

一見、改悪にみえますが、2分割をしていますので、

金額的には、分割後の500株未満以外は、改善です。

また、株主優待券の価値をどうみるかで変わってくと

思いますが、普通に考えると、クオカの方が価値が高いと

思いますので、その分も改善ですね。

変更後は、MAXまで株数にリニアでアップしていますので、

資金に余裕があれば、クロスでしたら、10,000株狙いですね。

そう考えるのが自然ですので、競争が激しくなりそうで、嫌ですね。

700万円ぐらいの資金で10万円クオカがもらえるのは、

取れたら、うれしいですが、

取れなかったら、すごく悲しい(笑)。

なので、今回の変更は、ドキドキものですね。

それにしても、こんなに大盤振る舞いして、大丈夫なのでしょうか。

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. まーや より:

    おおおおお すごーいですね!
    優待品よりクオカードの方が助かります。
    いつごろから争奪戦になるんでしょうね~?

  2. とおる より:

    こんばんは。
    2,000株も10,000株も利回り変わらない事から、多くの方が10,000株を狙いに来るでしょうから、かなり早い段階で倍率1.0倍越えになる気がします。
    SBIはブロリが14日信用はない?みたいですし、楽天も前回を見る限り供給量は決して多くないので、やはりカブコムで倍率1倍未満の間に確保できるかが勝負になりそうですよね。
    かと言って、あまりに早くクロスしすぎると当然ながら金利がかさみますし、SBIのIPO抽選において優待拘束分の金額の期待値が失われますし、いつから仕掛けるか、なかなか悩ましいです。
    しかし20,000円の次が、いきなり飛んで100,000株って極端ですよね。
    普通変更するなら株主数を増やす為にも以後2,000株増加ごとに20,000円分増加ってした方が企業側としてもメリットあると思うのですけどね。

  3. しゅう より:

    まーやさん、こんばんは^^。

    クオカの方が良い方が多いと思います。
    お得過ぎる優待内容なので、
    いつから争奪戦になるか?ですね。
    書いちゃうと、そこで本当に争奪戦に
    なっちゃいますので^^;。

  4. しゅう より:

    とおるさん、こんばんは^^。

    私もかなり早い段階で争奪戦になると思います。
    1.00倍以下のうちに、カブコムで確保したいところですね。

    ジャストのポイントは難しいので、少し早目に仕掛けようかと
    思っていますが、「少し早目」って思っている地点が、
    すでに、遅すぎかもしれません(笑)。
    最近、競争が激しいので。

    2,000株の次が、10,000株なのは、あんまりあげたくないからかな?って
    思っています。
    さすがに、10,000株の株主が大量発生することはないと思いますので。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください