DMM 株 始めました。

DMM株 証券会社
スポンサーリンク

DMM 株を始めました。
DMM.com証券は、FX口座を開いていました。
キャンペーン中でしたので、株の口座も開いてみました。

 

DMM 株 始めました。

正直、DMM.com証券は色々と抵抗感はあります(笑)が、
キャンペーンにつられました。

DMM.com証券のキャンペーン

この中の、「新規口座開設完了で国内・米国株式取引手数料が3ヶ月間無料」
に惹かれました。

DMM.com証券の取引手数料は、安いのでしょうが、

岡三オンライン証券で、現物20万円(定額プラン)まで無料。

楽天証券のいちにち信用で、取引手数料無料。
さらに約定代金が100万円以上だと、金利・貸株料もかからない。

この2社をうまく使えば、ほとんどの株取引は手数料がかからないので、
そんなに魅力を感じませんでした。

日本株は。

そうです。

米国株の方に魅力を感じました。

マネックス証券も口座開設で
手数料全額キャッシュバックキャンペーンを行っていますが、
こちらは、上限3万円で、20日間しか期間がないです。

また、米国株のリアルタイム株価も無条件で見れるのがよいです。

楽天証券・SBI証券では、15分遅れてでリアルタイム株価は有料。

マネックス証券は、残高があれば、無料。

ではでは、弱点がないかというと、

細かい所では色々とあるのでしょうが、

大きなところでは、2つ。

・取引可能銘柄数が少ない。

・ドルで取引できない。(円貨決済のみ)

があげられます。

取引可能銘柄は、私の取引したいと思っている銘柄は
全部あったので、個人的には、弱点にはなりませんが、
人によっては、使えない証券会社になるかもしれません。

すべて、円貨決済なのは、考えようによっては、
為替差益・差損を計算しなくてよいので、
申告は楽かもしれまえん。

配当再投資をしようと思うと、取引手数料とは別に、
往復の為替手数料がかかるのが難点ですね。

サクソバンク証券のように、無料でDRIPに対応してくれれば、
言うことなしなのですが。

口座は、FX口座を開いていた状態で、
マイナンバーの登録は済みでした。

追加口座申し込みをしましたら、
口座開設審査を行いますとありましたので、
これは時間がかかるだろうと思っていましたら、

2時間13分後に口座開設完了のお知らせが届きました。

IDとパスワードはFX口座と共通なので、2時間ちょっとで
口座が開けて、取引ができるようになるなんて、びっくりです。

金曜日(28日)に開きましたので、夜の取引は、リアルタイムで、
株価の動きを見ていました。
日本株は、仕事中でリアルタイムでみることはほとんどないですが、
米国株は、夜中なので、どこで、自制しないと大変なことになりそうです(笑)。

3か月の取引手数料無料は、FX口座を開設済みでしたので、
適用になるかどうかちょっと心配でしたが、
無事に適用になっていました。

取引手数料が無料なので、ちまちまと買っていこうと思っています。

どーーんと来い!暴落(笑)

DMM株 手数料無料

コメント