1台買うなら、2台処分しなさい。

リネットジャパン日々の記録
スポンサーリンク

パソコンを買おうとしたら、そう言われました。
そこで、処分することにしました。

1台買うなら、2台処分しなさい。

処分したのは、2001年ぐらいに製造のDELLのデスクトップと

2005年ぐらいに製造のNECのノートパソコンです。

NECの方はリサイクルマークがついていたのですが、

DELLの方はついていませんでした。

時期的にもまだ始まってない頃でしたね。

別々に処分しても良かったのですが、

面倒なので、今回はまとめて処分しました。

アプライドにもっていけば、処分(下取り?)してくれるらしいのですが、

複数台になるとダメらしいし、下取りと書いてるので、

そこで新しいのを買わないとだめかもしれません。

そこでリネットジャパンを利用しました。

【国認定】不用PCの宅配便回収<リネットジャパン>

実は、1年ほど前も利用しまして、今回は2回目です。

環境省認定のちゃんとした処理をしてもらえるようで、ここにしました。

料金もうまくやれば、無料でいけます。(ちょっとコツがあります。)

パソコンは、古くても、HDDがなくても、壊れていてもOK!

まずは、段ボールを準備します。

パソコンが入る大きさで、縦・横・高さ3辺の合計が140㎝以内です。

ノートパソコンであれば、厚手の紙袋でもOK

私は、キャリーバックが入っていた段ボールを使いました。

なお、オプションで、段ボールを送ってきてもらえるサービスもありますが、

398円/箱(税込438円/箱)かかります。

また、代引きにすると、さらに代引き手数料:198円(税込218円)がかかります。

優待で大きめの箱が届くかと思いますので、それを利用するのが良いかと思います。

1箱に何台でも入れられますが、1箱20kg以下となりますので、その重量で調節する必要があります。

私は、2台で10kgほどでした。

1箱に入りきらなければ、2箱に分けるしかありませんが、2箱目からは1,500円/箱(税込1,650円/箱)かかります。

2箱目からは、有料ですが、1箱×2回目は無料ですので、

2回に分けると無料でいけます。

台数が多い時は、重量を調節しながら、分けるといいですね。

なお、3回目、4回目も当然無料なので、2箱目以降の追加料金を払う意味は全くないかと。

データ消去ですが、

私は、再利用できればと思い、HDDを取り出しました。

IDEで、使うめどはたっていませんが^^;。

取り出せないときは、申し込み後にダウンロードできるソフトで消去できますので、

自分で、消去できます。

なお、自分で消去できない場合は、してもらえるサービスもありますが、

“おまかせ”安全消去サービス:3,000円/台(税込3,300円/台)

と高額なので、自分でした方がよいです。

箱詰めして、申し込みして、希望日時を指定すると、佐川急便さんが

伝票をもってきて、回収してくれます。

処理が終われば、メールで連絡がきます。

無料で処分できるのですが、有料のオプションがあったり、

ホームページが何気に分かりづらかったりするので、

”無料”にこだわって、処分の過程を書いてみました。

 

 

コメント