松井証券での優待クロス

【株主優待】取得予定

こんばんは^^、しゅうです。

松井証券での優待クロス時に、

現物をどう調達するのがよいのか、

ご質問を頂きましたので、考えてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

松井証券での優待クロス

松井証券での優待クロスの基本形は、

現物買い+一般信用売り(無期限)

となります。

手数料はボックスレートとなっていまして、

1日の約定代金合計金額で決まります。

10万円まで 0円

30万円まで 324円

50万円まで 540円

100万円まで 1,080円

以下、100万円増えるごとに1,080円加算

(2018年2月現在、税込金額)

となっています。

現物も信用も合計して計算されますので、

無料でいけるのは、5万円までの株になります。

以下、片道分の金額で分類しますと、

約定代金5万円まで
(100株クロスするとして、約定時の株価が1~500円の場合)

松井証券内で、

現物買い+一般信用売り(無期限)

約定代金10万円超から15万円まで
(100株クロスするとして、約定時の株価が1,001~1,500円の場合)

片道でも、往復でも同じ、10万円超30万までに入りますので、

松井証券内で、

現物買い+一般信用売り(無期限)

これ以外のケースは、面倒ですが、時間的に余裕があれば、

移管する方が安くなります。

約定代金5万円超から10万円まで
(100株クロスするとして、約定時の株価が501~1,000円の場合)

松井証券で、

一般信用売り(無期限)

楽天証券で手数料コースをいちにち定額にしておき、

現物買いして松井証券に移管

松井証券、楽天証券とも無料枠が使えますので、売買手数料無料でいけます。

もちろん、他に売買がないことが条件ですが。

移管元の候補は、移管する工程を考えると、

・GMOクリック証券

・楽天証券

が考えられます。

約定代金100万円以上の場合、

楽天証券でいちにち信用で買い、現引して移管されるのがよいかと思います。

約定代金15万円超100万円未満の場合、

同じく楽天証券を使用するか、

キャッシュバック枠が余っていれば、

GMOクリック証券で現物買いして、移管がよいかと思います。

以上、キャンペーンなし、通常条件の場合のクロスです。

移管まで時間がある場合でしたが、移管が間に合わない場合

オーバーで松井証券内で、余分に手数料を払うのと、

貸株料を余分に払うのはどちらが安いか計算してみます。

約定代金と売買手数料の価格差で、1番移管に不利な条件は、

片道の約定代金が25万円の場合だと思います。

松井証券の売買手数料は、

片道:324円

往復:540円

ですので、差は、216円になります。

楽天証券で、現引したして、金利は、13円ですので、

差額の203円が貸株料何日分になるかを計算したいと思います。

203円÷(25万円×2%÷100÷365日)=14.81・・・日

ですので、14日までのオーバーでしたら、移管された方が

安くなりますね。

流石に14日もオーバーすることはないと思いますので、

移管の方が安いと思います。

スポンサーリンク


株主優待ブログランキングをチェック

コメント

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)