【株主優待クロス取引】8月末権利銘柄取得結果

【株主優待】優待取得結果

こんばんは^^、しゅうです。

取得コストが出そろいました。

8月末権利銘柄取得結果です。

 

スポンサーリンク


20日権利

カブドットコム証券(4個)

あさひ(3333)1,000株
優待券(1,000円)10枚
優待価値:6,700円
取得コスト:3,517円

ライトオン(7445)
優待券3,000円相当
優待価値:1,800円
取得コスト:440円

西松屋チェーン(7545)1,000株
買物券10枚(5,000円相当)
優待価値:3,200円
取得コスト:2,006円

平和堂(8276)2,000株
優待券(100円)200枚
優待価値:10,000円
取得コスト:3,600円
 
 

末日権利

カブドットコム証券(9個)

ワッツ(2735)
自社プライベート商品詰合せ(台所・衛生・掃除用品等)10点
優待価値:500円
取得コスト:242円

ビックカメラ(3048)
買物優待券(1,000円)5枚
優待価値:3,700円
取得コスト:1,756円

クリエイト・レストランツ・ホールディングス(3387)100株
優待食事券 3,000円相当
優待価値:1,620円
取得コスト:404円

ヒマラヤ(7514)
値引券(1,000円)1枚
優待価値:650円
取得コスト:280円

エコス(7520)
(1)優待券(100円)30枚または(2)コシヒカリ米2kg
優待価値:880円
取得コスト:444円

進和(7607)
おこめ券2kg分
優待価値:880円
取得コスト:402円

ヤマトインターナショナル(8127)500株
自社商品3,000円相当
優待価値:1,500円
取得コスト:532円

ミニストップ(9946)
ソフトクリーム無料交換券5枚
優待価値:550円
取得コスト:373円

ヤマザワ (9993)
山形県産つや姫2kg
優待価値:880円
取得コスト:507円
 
 
一般信用(SBI証券5日売り)(6個)

コメダホールディングス(3543)
1,200円相当の自社電子マネーまたは自社製品詰合せ
優待価値:600円
取得コスト:466円

クラウディア(3607)1,000株
おこめ券10kg分
優待価値:4,400円
取得コスト:1,037円

明光ネットワークジャパン(4668)
クオカード1,000円相当
優待価値:950円
取得コスト:389円

MORESCO(5018)
1,000円相当のクオカード
優待価値:950円
取得コスト:417円

吉野家ホールディングス(9861)
飲食券(300円)10枚
優待価値:2,000円
取得コスト:431円

クリエイト・レストランツ・ホールディングス(3387)1,400株追加
優待食事券 12,000円相当(追加分)
優待価値:6,480円
取得コスト:1,501円
 
 
制度信用(東海東京証券)(6個)

ディップ(2379)
オリジナル・クオカード500円相当
優待価値:475円
取得コスト:118円

ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(3222)
(1)買物優待券(100円割引)30枚または(2)お米2kg
優待価値:880円
取得コスト:211円

サイゼリヤ(7581)1,000株
品物(パスタ、オリーブオイル等)20,000円相当
優待価値:10,000円
取得コスト:3,140円

ポプラ(7601)
買物優待券(500円)2枚
優待価値:720円
取得コスト:809円

フジ(8278)
ポイント2,000ポイントなど
優待価値:1,000円
取得コスト:362円

セントラル警備保障(9740)
オリジナル・クオカード(500円)1枚
優待価値:475円
取得コスト:12円

全部で24銘柄です。

今月から、優待価値の計算を変更しています。
少し多めに見積もっている気がしてましたので、保守的に計算することにします。

おこめ券は440円、ジェフグルメカードは500円。この2つはおつりも出ますので、額面で。
クオカードは95%、信販系ギフト券は95%、図書カードは80%。金額ショップの買い取り金額を考えてこのぐらいで。
優待券は、チケット・オンラインが買取しているものは、その金額で。
チケット・オンラインの金額は手数料を考えてもオークションより安いのでそのままでいきます。
買取がない優待券は、オークション価格の70%。
品物やカタログギフトは、額面の50%。
お米は1kg440円換算。

以上で計算して、8月分は、+38,394円でした。
取得コスト率は、37.9%でした。

取得コスト率をもっと下げたいですが、なかなか難しいです。

 

 

最新の株主優待情報はこちら

にほんブログ村

スポンサーリンク
最新の株主優待情報はこちら にほんブログ村

コメント

  1. まっち より:

    こんばんわ。株主優待クロス(タダ取り)はカブコム、SBIを利用している方がほとんどかと思います。
    大和証券でも一般信用を取り扱っており、銘柄数も多いようですが大和証券の一般信用でクロス。というのを聞きません。
    何かデメリットがあるのでしょうか。
    わかればお教えください。

    1. しゅう より:

      まっちさん、おはようございます^^。

      大和証券は、大和証券でないと売れない銘柄もありますし、取扱銘柄数も多いのですが、売りたい銘柄はすぐ残なしになっています。
      また、全体的に枚数が少ない気がします。
      あとは、手数料で、約定代金が安い場合、カブコムやSBIに比べて割高だと思います。
      この2点がネックかなと思います。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)